50才代でも矯正治療ができると聞きましたが、そんな年齢で必要な矯正治療とはなんですか?

歯を動かすうえで歯肉や歯槽骨(歯を支える骨)などに問題がなければ50才代でも矯正治療は可能です。このような年齢でおこなう矯正治療の多くは、補綴治療(ブリッジや入れ歯によって咬み合わせを回復する治療)を行いやすくすることを目的とした矯正治療です。

一方このようなお話もあります。

ご自分のお母様を介護していらっしゃる50才代の女性が「私が介護を受ける立場になったとき、このような凸凹の歯並びでは介護してくださる方が、私の歯を磨いてくださる時に失礼に当たります。」といわれて矯正治療を希望されてこられました。

人生の質を問うことの重要性を教えられたエピソードです。



このページの先頭へ