子供が矯正歯科治療を受けるのを嫌がっているのですが?

原則として嫌がるお子さんに対して矯正治療を行うことはできません。

しかし、お子さんの不正咬合についてお子さん本人が、不正咬合の程度、矯正治療開始時期、使用される可能性のある矯正装置などについて正しい情報を得るために矯正歯科を専門とする先生に相談されることをお勧めします。相談の結果、積極的に矯正治療を開始するお子さんもいます。

お子さんと矯正治療を担当する先生が、お子さんの矯正治療について直接話し合うことが最も重要であると思います。



このページの先頭へ