マルチブラケット法による矯正歯科治療は痛みますか?

いなげ矯正歯科医院でマルチブラケット法による矯正歯科治療を受けた患者さんに痛みについて尋ねたところ、約20パーセントの患者さんは痛みを感ずることなく矯正歯科治療を終了されました。

残りの約80パーセントの患者さんの痛みについてまとめると次のようになります。

歯の移動をするためにワイヤーを歯に装着して力を加えると、すぐに歯が引っ張られたような感じがします。多くの場合、引っ張られるような感じは5〜6時間程すると痛みに変わってきます。この痛みは、物を食べる際歯が当たるときに痛む程度から何もしなくても痛む程度まで様々です。この痛みは数日間続きます。
多くの患者さんは、最初にワイヤーを装着した時に最も痛みを強く感じ、治療が進むにつれてワイヤーを装着してもだんだん痛みを感じなくなる傾向を示します。
痛みの程度には個人差がありますし、また、治療に前向きかどうかでもずいぶん感じ方が変わってきます。もし、いやいや始めたとすれば痛みは倍に感じるかもしれません。
矯正歯科治療に伴う痛みは、小学生の子供さんでも耐えられる程度の痛みです。ご安心ください。もし、痛みを強く感じた場合には市販の頭痛薬を服用すると痛みを和らげることができます。



このページの先頭へ