治療中に妊娠したらどうなりますか?

矯正歯科治療中に妊娠しても差し障りありません。
いなげ矯正歯科医院では毎年数名の方が矯正歯科治療を続けながら出産をされています。妊娠された方の多くは、臨月までは通常どおり治療を進め、出産後2ヶ月ぐらいから治療を再開します。その間は、歯が移動しないようにしっかりと止めておきます。歯磨きさえ怠らなければ問題はありません。
しかし、悪阻(つわり)がひどいときや体調が優れないとき、または、かかりつけの産婦人科の先生の指示で安静が必要となった場合には、矯正歯科治療を一時中断してください。出産が近づいたら矯正歯科治療より出産の準備を優先してください。出産後、母子共に落ち着いたら矯正歯科治療を再開してください。

矯正歯科治療中の妊娠に際してはおおらかに考えていただくことがポイントだと思います。詳細については矯正歯科を専門とする先生にご相談ください。



このページの先頭へ