あごを切って矯正歯科治療をするといわれたのですが?

上顎の骨と下顎の骨の大きさが著しく異なったり、あるいは両者の位置が3次元的に大きくずれていることが不正咬合の大きな原因(顎変形症)である場合には、歯を動かしただけでは上の歯と下の歯はきちっと咬み合せることができません。このような不正咬合に対しては矯正歯科治療と顎の骨を切る手術を併用して治療を行います。このような治療を外科的矯正治療といいます。



このページの先頭へ