ホワイトニングができない場合はありますか?

以下の場合はホワイトニングを行う上で注意が必要です。

ホワイトニングを避けたほうが良い方
  • 妊娠中あるいは授乳中の方
  • 無力タラーゼ症の方
  • 重篤なアレルギーがある方


歯を治療してからホワイトニングをした方が良い方
  • 大きな虫歯がある方
  • 歯が割れたりひびが入っている方
  • 熱いものや冷たいものがしみる歯がある方


ホワイトニングを行っても十分な効果が出ない歯
  • 薬の影響で着色がある歯
  • 神経を取って内部が黒ずんでいる歯


ホワイトニングできない歯
  • 人工的な歯の詰め物、かぶせ物がある歯

人工的な詰め物やかぶせ物は、ホワイトニングで白くすることはできません。歯の詰め物の部分やかぶせた歯だけ白くならずに他の歯と色が違ってしまった場合は、ホワイトニング終了後に歯の治療をやり直す必要が出てくることもあります。



このページの先頭へ